メタタグ上位表示

メタタグ攻略・メタタグで上位表示

・TOP |検索エンジン攻略について |・検索エンジン攻略上位表示登録法上位表示の注意点 SEO対策で表示順位を上げる | ・スパム行為について |・メタタグ | ・攻略ファイル
メタタグ上位表示の知識

メタタグ上位表示の秘密
〜 プロの検索エンジン攻略(SEO業者)が使う、メタタグ秘密の手法とは〜


メタタグについて

近頃よく見かけるのが、METAタグなど全く入っていないサイトです。 とても立派なサイトなのにもったいないと思います。ホームページ作成業者がMETAタグ(メタタグ)の事を知らないといった事もあるようです。 どんなにデザインが良くても誰にも見てもらえないのでは意味がありません。 また、初心者の方は「メタタグって難しいそう」と思っていらっしゃるようです。METAタグは、アクセスアップには大事な役割をしているのです。まだでしたら以下を参考にして作成してください!


★キーワードを入れる
(キーワードが記述されていないサイトは検索にかかりずらいです)

★イメージにはalt属性をつける
(マウスがLINKテキストの上に行ったとき、説明文が出る方法。代替テキストともいう)これは、画像文字は検索エンジンには認識されないからです。

★フレーム分けでのサイト構成は極力避ける
(フレームで分けると、ロボットがうまく情報を得られない場合があるからです)フレームで分けている場合、METAタグ等のキーワード挿入は、必ずindex.htmlページに挿入するようにします。

★<title>タグには適切なサイトタイトルをつける
(以下章、タグの説明参照)

★強調したいテキストキーワードは強調タグをつける
文字の大きさや太さを差別化することで、キーワードとして認識しやすくなるからです。

★フラッシュのみのページは極力避ける
ほとんどの検索エンジンでは、Flashのテキストをたどりません。



   ■ キーワードの決定について

キーワード文字の決定については、なるべく一般的に使われている単語にしましょう。アクセスUPするには、一般的な単語でなければ意味がありません。よくこんな声を聞きます。
「強豪の中で上位表示をするためには、マイナーな単語の方が検索して来た人には上位表示実現になるのでは?」と。
たしかに狙いとしては間違っていませんが、アクセスUP向上・検索エンジン攻略SEO上位表示の対処としてはうまくありません。それはマイナーな単語=検索数が少ないと、なるからです。ですから出来るだけ一般的な単語にしましょう。

またキーワード文字の決定は、その後のGoogle上位表示最適化に最も重要な部分となります。自分が検索する側の立場に立って、頭でイメージしながらキーワードを決定すことを忘れないようにしましょう。


● 基本タグの挿入

SEO対策・検索エンジン攻略の基本として、ページのソースに<HEAD>〜</HEAD>タグ内への、Googleロボットが読み込むタグの挿入があります。このタグをしっかりと入れることが基本となります。挿入されてない方は、まずこのMETAタグを挿入してください。METAタグに関しては、現在最も有効な必然的処置となります。挿入するタグは以下の通りです。



<HEAD>

<TITLE>(ページのタイトルを挿入)</TITLE>

<META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=Shift_JIS">

<META NAME="description" CONTENT="(ページの説明文を挿入)">

<META NAME="keywords" CONTENT="(ここにヒットさせたいキーワードを2〜3種類ぐらい挿入)">

<LINK REL="stylesheet" HREF="t.css" TYPE="text/css">

<meta name="robots" content="index,follow">

</HEAD>



    ■ タグ説明

それでは、必要となるタグの説明に入ります。

<TITLE>(ページのタイトルを挿入)</TITLE>
ここに入るタイトルが、Googleでの検索結果のページタイトルとなります。
よくSEO対策を施してあるサイトのソースを見ると、<TITLE>タグが以下で説明されるキーワードタグよりも下にある場合がありますが、必ずこの<TITLE>を1番上に持ってきてください。ここで重要なのは、ヒットさせたいキーワードと、サイトタイトルを入れることです。


<META NAME="description" CONTENT="(ページの説明文を挿入)">

ここに説明文を入れます。この説明文が検索結果のタイトルページの下の説明文になります。


<META NAME="keywords" CONTENT="(ここにヒットさせたいキーワードを挿入)">

ここにキーワードを入れます。ここで注意する事は、たくさん入れたいキーワードですが、出来れば5つ程度に抑えて下さい。


<meta name="robots" content="index,follow">

このタグが1番大切です。このタグを入れておかないと、ロボットがしっかりと読み込みませんので、忘れずに挿入してください



自動METAタグ作成!

下記のフォームをお使いください
無料です!


 

あなたのホームページの情報を入力してMETAタグ自動作成ボタンをクリックしてください。ロボット用のMETAタグを自動で簡単に作成することが出来ます。
*注 infoseekを意識したMETAタグを作成します。ここでの紹介文やキーワードが反映されないロボット系検索エンジンもあります。)

なお、このメタタグはロボット型検索エンジン向けのものです。デレクトリー型検索エンジンには一切考慮されません。

■ホームページのタイトル(半角50文字以内):


■紹介文(160バイト以内):


■キーワード(合計の文字数が1000バイト以内):
*注キーワードの間を半角スペースで区切って入力してください。



    ■現在の検索エンジンの多くは対応しない

検索を利用するユーザーは、検索結果画面に表示されたウェーブサイトを、その見出しや説明文から内容を判断しクリックしますので、メタタグは大変便利なものに思えます。しかし、この<meta>タグがロボット検索エンジンで有効だったのは過去の話で、現在の検索エンジンのほとんどは<meta>タグを考慮しません。これは、
<meta>タグを適切に利用するユーザーよりも、悪用するユーザーの方が圧倒的に多かったという歴史の結果です。というのは、<meta>タグに、ウエブサイトの内容とは全く関係ないキーワードや説明文をいれて、あらゆるキーワードで検索結果の上位に表示させようというウブサイト管理者が後を絶たなかったのです。

このため、現在のロボット型検索エンジンの対応は特に”keywords”に関しては、ほとんどのロボット検索エンジンが全く考慮していません。”keywords”が一番悪用されやすい要素だからです。現在これらの要素に対応しているのは、goodです。infoseekはサイト上では考慮するとありますが、ランキング決定時には、考慮される他の要素がアッ圧倒的に高いために影響力はほとんどないようです。

一方、”description”については、検索結果画面上でのウエブページの説明文として利用する検索エンジンはいくつかあるものの、検索エンジンランキング決定の際は考慮されません。つまり、画面表示にしか用いないということです。これはランキングに影響を与えるようになると”description”内にキーワードを並べて、作為的に上位表示させようとする人が出てくるからです。Googleでは、”description”の記述は、他の文字列と同一に扱っています。Googleは検索結果に表示する際の説明文は、検索キーワードが含まれてる文章の前後を表示するのですが、もし”description”内に該当キーワードがあれば、その前後を表示します。


・TOP

検索エンジン攻略について


SEO上位表示登録法

上位表示(SEO)の注意点

・SEO対策で上位表示順位を上げる

・スパム行為


・メタタグ

・検索エンジン攻略ファイル

▲ページのトップへ

・TOP |検索エンジン攻略について |・検索エンジン攻略上位表示登録法
上位表示の注意点 |SEO対策で表示順位を上げる
 | ・スパム行為に
ついて |
・メタタグ |
 ・攻略ファイル

検索エンジン攻略・SEO上位表示サービスに関するお問合せは、info@mick-1net